「年中夢求」の旅日記

レインウエアをリニューアル

Category: ライディングギア  
数年間使用してきた現在のレインウエア






スクリーンショット(2012-09-27 6.37.03 PM)






ゴールドウィン Gベクター2コンパクトレインスーツ

耐水圧20,000mm/㎠以上、透湿性4,500g/㎡/24hと
透湿性はちょっと低いものの耐水性はバッチリでしたが
劣化により少し漏水するようになってきてしまったので買い替える事にしました

各メーカーでそれぞれ気になるモデルがあるんですが、
その中でも気になっていたのがコレ






スクリーンショット(2012-09-27 6.58.44 PM)






ナンカイ アクイーズプレミアムレインスーツ SWD-950

スペックの方は
耐水圧30,000mm/㎠以上、透湿性18,600g/㎡/24hと
ゴアと比較して耐水圧は劣るものの透湿性はゴアを上回る性能
非常に気になります^^
って事で実物を見に行って来ました

久しぶりの南海部品に向かい
レインウエアコーナーに直行
そして早速、お目当てのアクイーズプレミアムレインスーツをチェック

実際に実物を見てみると
思っていた以上に生地が薄いな〜というのが第一印象
軽量でコンパクトに収納出来るのはメリットですが
生地が薄いと特に高速走行時にバタつき易く
そのバタつきで生地にダメージを受ける場合もあるんですよね^^;
それに耐摩耗性も…
まぁ、この辺りの性能はきちんと確保されているのかもしれませんけどね

手首や腕、ウエストのサイズ調整用アジャスターなど
全体的な仕上がりと見た目は普通のレインウエアって感じ
プレミアムって名前が付いているのでしっかりした作りを期待していたんですが…


ウエア選択のポイントとしては
長時間の雨天高速走行や急な温度変化への対応で防寒着としての着用もあるので
多少、収納サイズが大きくなってもしっかりした作りの物が欲しいんですよね〜
という事でゴールドウィンやRSタイチなど別なウエアも幾つか物色
そして最終的に決定したのはこちら






スクリーンショット(2012-09-30 7.57.47 PM)






Y'S GEAR YAR04 サイバーテックスIII+S レインスーツ(アイボリー)
スペックの方は
耐水圧25,000mm/㎠以上、透湿性8,000g/㎡/24h
作りもしっかりしていて値段も手頃だったのでこちらに決めました
カタログで見ると収納サイズが大きそうに見えますが
表面積はA4用紙くらいで厚みは70mm程度(潰せばもっと薄くなりますけどね)
収納袋が手さげバックタイプなのでタンクバックにちょうど良さそうです

雨天ツーリングの時に実践投入したらインプレを書きますね〜!






ブログ村に参加中です。こちらををクリックして応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

ゴアテックスと逆透湿現象

Category: ライディングギア  
前回の記事の続き

ゴアのグローブを手に入れて
これで雨の日も快適だ〜♪と思っていましたが…
予想に反しての浸水^^;
グローブ袖口からの雨の侵入を懸念してグローブをジャケット内に入れていましたが
どうも手の平から入ってきている感じ

何がどうなってこの状態になっているのか
とても気になり帰ってから色々と調べてみました!


企業秘密的な所もあって
素材の構造などが詳しく書かれていなかったりしますが
日本ゴア株式会社のサイトに目に留まる事が書かれていました






スクリーンショット(2012-09-24 7.17.24 PM)






「水蒸気は、その濃度(水蒸気圧)の高いほうから低い方へ移動する性質をもっています。
極端な例として、透湿性のあるウェアを着てサウナに座っているような場合、水蒸気がウェア内部に入ってくることも十分にあるわけです。」
という事はアウターの素材に撥水性が無い、又は撥水性が低下して水分を吸っている場合
外気温によってはウエア内よりもアウター側の方が水の蒸発率が高く
ここで言う「サウナに座っている状態」になってしまいますね
この逆透湿現象が起きているのではないかな〜と考えています

それに「この「逆透湿現象」と本当に水が入ってくる「浸水」の見分け方は簡単です。
濡れたところに座るのをやめ、立ち上がってみてください。しばらくしてもお尻部分がジメジメしているようなら、本当の浸水といえます。しかし、サラッとした感じに変われば逆透湿現象です。安心してお使いください。」
との事
実際、出来るだけ左手(クラッチ側)はグリップから手を離してみましたが
確かに水分が外に抜ける感じがあって
明らかに右手よりも濡れ具合が少ないです
手の平には耐摩耗性を上げる為か
革の素材が使われていて、あまり撥水性は高くないんです^^;
と言うか、そもそも常にグリップを握っていたら透湿出来ない気がするんですが…
どうなんでしょう?


そして特に気になったのは
「この「逆透湿現象」と本当に水が入ってくる「浸水」の見分け方は簡単です。濡れたところに座るのをやめ、立ち上がってみてください。しばらくしてもお尻部分がジメジメしているようなら、本当の浸水といえます。」の一文
アウターウエアに防水性の無いセパレートタイプのゴアテックスウエアは
「濡れたところに座る」状態になるんじゃないの?って事です






IMG_1790_convert_20120624205047.jpg






気になったら試さずには居られませんから
もちろんテストしました(笑)
先月の東北一周ツーリングの最中
青森のつがる地球村から龍飛崎を経由して脇野沢の民宿までのルート
ライディングパンツはゴアテックスのセパレートタイプのラリー2プロを着用
この日、雨の中を約7時間カッパ無しで走りました!


で、結果から言うと
ライディングパンツ内に浸水しました^^;
2〜3時間の走行時は全く問題無かったですが
それを過ぎると何とな〜く湿った感じ
何処から、というか全体的に染み込んでいる感覚でした

やはり雨のロングはカッパ着用が必須ですね
アウターがビショビショだとお店で食事も出来ませんし…
(今回の東北ツーくらいの雨なら間違い無くカッパ着てます)

雨でも快適に走ろうと色々と試していますが、
これも天候に影響を受けるバイクならではですね!
これに懲りずに今後もいろいろテストしていこうと思いま〜す^^






ブログ村に参加中です。こちらををクリックして応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

雨の日も快適! じゃなかったゴアテックスグローブ…

Category: ライディングギア  
7月に参加した吹上高原キャンプ場でのキャンプオフ
ここに向かうまでは雨が降ったり止んだり強くなったりで
約600キロの雨天走行でした

そしてこの雨天キャンプツーでテストしたのが
BMW純正「プロサマーグローブ」






IMG_0224_convert_20120918135210.jpg






薄手のゴアテックスグローブで値段も定価の半額だった事もあって購入したんですが
以前ツーリング中に豪雨に降られた際、なんとなく手に湿り気を感じていました

この時は自宅到着までそれ程距離が無かったので確かめられませんでしたが
キャンプオフ初日は雨の予報で距離もあり、絶好のテスト日和!
って事で雨天のロングでテストする事にしました
ちなみにこの日はコミネの上下と純正ブーツで全身ゴア^^


カッパは着ずに出発
高速に乗ってしばらくすると雨が降り出して来ました
が、1〜2時間走ったところで手に湿り気が…
そして視界不良になるくらい雨足が強くなると
完全に浸水^^;
グローブ内はビショビショです
感覚的には手の平の方から染み込んできた感じ

なんだろうな〜?と考えるも原因は分からず
と言うのも購入前にゴアのグローブでグリップヒーターを使うと浸水する
という情報は得ていたんですが、グリップヒーターは使用していませんし…


とりあえずこの日はそのまま走って皆さんと合流しました
ちなみに撥水性が少し落ちているジャケットはわずかに湿り気を感じる程度
パンツとブーツは問題無しです


という事でツーリングから帰って来ていろいろ調べてみました
不備な点があるかもしれませんが後ほど記事にしようと思ってます!






ブログ村に参加中です。こちらををクリックして応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

ゴアテックスウエアの話

Category: ライディングギア  
前回は雨の時期でも快適に走ろう!
って事で私が愛用しているウエア類を紹介しましたが、
今回はゴアテックスウエアについて書いてみようと思います


まず、ゴアテックスウエアと言ってもタイプがありますね~
私が持っている物で言えば、ウエア自体がゴアテックスのコミネと
ゴアテックスインナーを装備するラリー2プロ


実際に使ってみるとそれぞれに長所・短所が見えてきました
なので今回の記事はその辺りを書こうと思います!

まずはコミネのウエアから






IMG_1784_convert_20120624204333.jpg






IMG_1788_convert_20120624204810.jpg






先述した通り、ジャケット・パンツ共にウエア自体がゴアテックスです
秋冬モデルという事もあってウエア自体の防風性も高く
保温インナーを装備しており防寒性はバッチリ!
しかし、ウエア自体の防風性が高いと言う事は通気性が低いとも言い換えられますね^^;
なので保温インナーを外し胸・腕・背中の計6ヶ所あるベンチレーションを全開にしても
夏場は無理…
梅雨明けまでの気温が低めの日くらいが着用目安ですかね~
(もちろん行き先にもよりますが)


その暑さ対策って事で試しに購入してみたのがラリー2プロ






IMG_1789_convert_20120624204919.jpg






こちらはゴアテックスインナーを装備するセパレートタイプ
(まだパンツしか購入していません)
ゴアテックスインナーで少し風はシャットアウトされますが、
コミネに比べて熱がこもる感じが少ないですね~
それに雨の心配が無い日はインナーを外してしまえば
メッシュパンツとまではいかないけど結構涼しい

それにこのセパレートタイプ
ウエアによってはアウターにたくさんのベンチレーションを設けて夏場の快適性を確保
そしてゴアテックスインナーで防水&透湿
更にその中に保温インナーを装備して寒い季節にも対応
な~んて言うオールシーズンモデルもあったりします
このあたりを考えると、セパレートタイプの方がより幅の広い温度に対応出来そうな気がしますね~


それに加えてセパレートタイプはメンテナンスがラク
ゴアテックスの素材って擦れに弱いので洗濯は手揉み洗いが基本
水を通さないので脱水もNG(私はバランス良く洗濯機に入れて軽く脱水してしまいますが…)
ですが、セパレートタイプは薄手のインナーだけ気を使えば良いので
アウターは普通に洗って脱水も可です!
ラリー2プロはオフロード走行での汚れや擦れを配慮して
セパレートタイプを採用しているんでしょうね~




ここまでを見るとセパレートの方が手入れがラクで幅広い温度帯に対応出来て良さそうですよね!?






IMG_1790_convert_20120624205047.jpg






しかし、そんなセパレートタイプにも弱点はあります



それは雨天走行後のウエアの状態


コミネの方はウエアが全体的に湿った感じになり
表面に水滴が付いている状態です
なので、お店の形態によっては水滴を払ったりすれば店内での食事や休憩も出来ちゃいますね~
一方、セパレートタイプは…
アウターウエアには防水性が無いのでビショビショ^^;
雨天走行中や豪雨走行直後にお店に入るのはちょっと…(雨量にもよりますけどね)



私的にこの点がセパレートタイプ最大の弱点



それにインナー一枚を隔てて
ビショビショになったアウターと肌が接するわけですから、
寒暖の差が大きい時期の雨は体温を奪います
極端な例えですが、ビニール袋で覆った手を氷水に突っ込めば
手は濡れないけど冷たさは伝ってきますよね?
そんな感じです

コミネの方でもルートや天候によってカッパを着る事もありますが、
ラリー2プロの方がカッパの出番は多いですね


実際に私が使ってみた感想はこんなところ
他のメーカーのウエアを使ってみると、また印象は変わるかもしれませんが
ゴアテックスウエアと言えども1着で全てをっていうのは難しいのかもしれませんね~
ただ、どちらのタイプにせよ雨天時の快適性はとても高いので
雨でも走る人にとっては頼もしい存在です

更なる快適性アップには…ゴアのカッパですかね?(笑)






ブログ村に参加中です。こちらををクリックして応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

雨の季節も快適に

Category: ライディングギア  
梅雨、真っ只中の昨今
どんより曇り空の日が多いですが、
運が良い事に週末は何とか天気が持ちこたえていますね~

ジメジメして雨が多いこの時期ですが、
梅雨明けまでバイクはお預け…なんて勿体無い事は言わず
装備を揃えて雨の季節も快適に楽しんじゃいましょう^^


という事で雨天ツーリングで活躍しているウエア類を紹介したいと思います

まずはジャケット






IMG_1784_convert_20120624204333.jpg






コミネJK601ゴアテックス ウインタージャケット ウラガノ
名前の通り秋・冬がメインなので真夏は無理ですが、
保温インナーを外してベンチレーションを全開にすれば梅雨時期までは着られます
(気温によりますが^^;)


そしてお次はライディングパンツ






IMG_1788_convert_20120624204810.jpg






コミネPK801ゴアテックス ウインターパンツ ティフォーネ
ジャケット同様、秋・冬がメインです!
少し大きめに出来ているのでインナーの中に防寒着が着れる事もあって
防寒性はバッチリ!
ま~その分暑いんですけどね…

その暑さ対策って事で準備したのが、
BMW純正ラリー2プロ(パンツのみ)






IMG_1789_convert_20120624204919.jpg







前述のコミネはウエアそのものがゴアテックスですが、
ラリー2プロはゴアテックスインナーを装備するセパレートタイプ






IMG_1790_convert_20120624205047.jpg






通気性はこちらの方が上
それに雨の心配が無い日はインナーを外せば、
メッシュとはいかないまでも結構涼しいです


そしてブーツ






IMG_1792_convert_20120625194736.jpg






BMW純正オールラウンドブーツ
こちらもゴアテックス

このブーツに至るまでに数足使いましたが、
透湿性が低くてムレが酷かったり、耐水性が高くなくて一般道では問題無いものの
長時間の高速走行では水が入ったりと色々でした…
このブーツはもちろんそんな事はありません!


それからグローブ






IMG_1793_convert_20120625194809.jpg






BMW純正プロサマーグローブ
これもゴアテックス
社外品のゴアテックスグローブって厚手の物が多いんですよね~
なので薄手のコレを最近購入しました

ただ通気性はメッシュグローブには及ばないので、
雨の心配が無い日はラリー3グローブを使ってます^^


こんな感じでゴアテックス製品を愛用していますが






IMG_1786_convert_20120624204726.jpg






やっぱり防水・透湿を高いレベルでバランスしているので良いと思いますね~
同じ様な製品もありますが、縫い目から雨が染み込んできたりしますからね…


雨の日でも快適に走れる装備を持っていれば
雨天ツーリングも楽しく走れると思いますよ~
それに日本に居る限り梅雨は毎年ありますから(笑)


次回はゴアテックスウエアについて書いてみようと思ってます!






ブログ村に参加中です。こちらををクリックして応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

MAC

Author:MAC
2台のアドベンチャーとスーパーカブで日本全国を走り回って旅を楽しんでます

HONDA SUPER CUB 70DX 2012/10〜
BMW R1150GS-ADVENTURE 2013/7〜
KTM 990 ADVENTURE S
2014/3〜

コメント
  • 2017GW 佐渡島ツーリング3日目 後編&帰宅
    may(06/27)
  • 2017GW 佐渡島ツーリング2日目 後編
    MAC(06/16)
  • 2017GW 佐渡島ツーリング2日目 後編
    may(06/13)
  • 久々のキャンプ!久々の陣馬形山!続き
    MAC(06/02)
  • 久々のキャンプ!久々の陣馬形山!続き
    may(06/01)
  • 九州・沖縄ツーリング 13日目 トトロからの新門司港 続き
    MAC(12/27)
FC2カウンター