in キャンプ道具

東北ツーリングでのキャンプ

-2 COMMENT
以前に記事にしたドッペルギャンガーのテントと
LOGOSのエアベッドを先週の東北ツーリングで初使用したので
インプレや組立て時の様子を書いてみたいと思います

まずはテントの組立作業から


IMG_2002_convert_20110624183330.jpg


収納袋からテントを取り出し


IMG_2003_convert_20110624183455.jpg


この様にフレームが折り畳まれているので
折り畳み傘のようにフレームを延ばしていきます

IMG_2004_convert_20110624183627.jpg


そして上側の黒色のアタッチメント部分を持って
上に伸びている2本の紐を引くと…


IMG_2005_convert_20110624183758.jpg


完成!


IMG_2006_convert_20110624183918.jpg


と~っても簡単です
メーカーの謳い文句「約15秒で設営可能」も伊達じゃありません

あとはペグを打って
前室をつくり設営完了


IMG_2009_convert_20110624184131.jpg


実際に使ってみてですが
正直、もう少し大きければな~と感じました(特に高さ)
高さが外寸で1050mmとあまり高くない上にエアベッドを使っているので
天井までは更に近くなります
(今までは3~4人用の前室無しのテントを使用)
しかし、前室がある分ブーツやランタンなどはそちらに置けるので
室内はベッドと寝袋だけを入れて寝るためだけのスペースとして使いました
私の使い方なら必要最低限という感じで合格点ですね
更に広いスペースが欲しい方は
T301やT501という上のモデルをお勧めします

そして、あともう一つ
LOGOSのエアベッドです(スカイエアベッドオート100)


IMG_2017_convert_20110624184420.jpg


電動ポンプ付きなので
スイッチ一つで膨らみます


IMG_2015_convert_20110624184303.jpg


一番小さいサイズにしましたが
テントのサイズと縦・横30cm程度しか差が無いので
テント内で膨らませます


IMG_2007_convert_20110624184021.jpg


スイッチを入れて
1~2分程度で充填完了

地面の凹凸を殆んど感じる事無く
とても快適♪
空気もスグに抜けるので仕舞うのも楽です

因みにテントの方は


IMG_2018_convert_20110624184541.jpg


Push Down のラベルが付いた
下側のアタッチメントを引き下げると


IMG_2005_convert_20110624183758.jpg


この状態に戻るので
フレームを折り畳んで収納袋へ


IMG_2019_convert_20110624184752.jpg


仕舞う時は15秒という訳にはいきませんが
設営時の手間を省いていると考えれば
納得できる範囲です
(それでもホムセンテントのポール式テントと同程度ですけどね)

暫くこのテントを使って耐久性などを含め
長期的なインプレを書いてみたいと思います
2
  • Share

2 Comments

There are no comments yet.

レッド  

Good!

これは良いですね。
テントって、折りたたみの棒を一本してテント本体の細長いトンネルに
挿すのが面倒なんですよね特に二本目が。抜く時もトンネル内で
棒の節が外れて、引っかかってなかなか出てこない。

115RSさんもこんな経験をされているのでしょうね。
今年はどれだけツーリングにいけるか分かりませんが、欲しい逸品です。

2011/06/27 (Mon) 09:44 | EDIT | REPLY |   

115RS  

No title

レッドさん

煩わしい事は何も無いので
設営時間を気にせず走れますよ♪

この利便性で約6000円程度なので
コストパフォーマンスはかなり高いと思います!

2011/06/29 (Wed) 13:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment