in R1150RS

シリンダーヘッド周りのメンテ

-4 COMMENT
このところ暑い日が続いていますが、
先週末はヘッド周りのメンテナンスに着手!

まずはガレージに扇風機を持ち込みます^^
とりあえずコレがないと始まりませんね〜(笑)

この日の作業予定はシリンダーヘッドのスラストクリアランスとタペットの調整です
早速、カウル&ヘッドガード、スパークプラグを取外し
ピストンを上死点にもっていきます

クランクを動かすにはギアを6速あたりに入れてリアホイールを回すか
フロントカバーを外してクランクプーリーを回せば良いんですが、
オルタネーターベルトのチェックも兼ねて私はプーリーの方で作業を行ってます






IMG_1950_convert_20120731020349.jpg






上死点の確認方法はいくつかありますが、
クリアランス調整の為にシリンダーヘッドカバーを外すので
カムシャフトスプロケットの矢印マークを真横に向ければOK






IMG_1961_convert_20120801020821.jpg






きちんと上死点が出ているか心配ならば、
長いドライバーなどをプラグホールに突っ込んで軽くピストンに当てて
クランクプーリーを回してやれば確認出来ます
(ドライバーが一番外に来た所が上死点)






IMG_1951_convert_20120731020459.jpg








これで上死点は出ましたが、
ボクサーエンジンは左右のピストンが同じ動きをするので
片方が圧縮上死点、もう片方が排気上死点になります

クリアランス調整は圧縮上死点で行うのが基本なので、
まずはどちらが圧縮上死点なのか確認します

圧縮→燃焼の工程ではバルブは作動しませんが、
排気→吸気の工程はバルブが作動しますね〜
これをイメージしてプーリーを回してやればバルブの動きでどちらが圧縮上死点か確認出来ます^^


下準備が出来たところで
早速、スラストクリアランスの調整






IMG_1958_convert_20120801140147.jpg







丸で囲んだボルト&ナットを緩めて上下に動かして
青矢印のロッカーアームとのクリアランスを調整します
クリアランス測定はロッカーアームを上にずらして
下側に出来たクリアランス(緑矢印)を測定します


規定値は0.05〜0.4mm
私は0.05mmのシックネスゲージが入って0.1mmが入らなければOKって事にしてます
初めて調整した時は0.3mmくらいあったんですが、
現在のクリアランスにしてからはタペットの開きが遅くなりましたね〜
感覚的には1/2〜1/3くらいのズレ量になった気がします^^


私の調整方法は4本全て緩めて0.1mmのシックネスゲージを噛ませます
その状態で左右のボルトとナットのみ仮締めしてクリアランスを測定
そして調整したい方のボルトorナットだけを少し緩めてプラハンで軽く叩きます
こんな感じでどちらかを支点にして調整すれば意外と簡単に出来ますよ〜
ポイントは仮締めの具合
キツ過ぎると動かないし、あまいと支点の方も動いてしまうし…
この辺は感覚的なものなので実際に作業してコツを掴むしかないんですが^^;


続きのタペット調整は次回の記事にしま〜す!






ブログ村に参加中です。こちらををクリックして応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
4
  • Share

4 Comments

There are no comments yet.

Kachi  

タペットか~

扇風機を背負ってやっていたのはこっちでしたか(^^)
次の記事で触れられるのかもしれませんが、タペットのロックナットの締め付けってトルクレンチ使っていますか?
たしか締め付けトルクが8nm位の軽さで、私はとてもカンで占める勇気がなくて...
でも、この小さなトルクを測れるトルクレンチがなかなか見つからず...
悩んでいます。

Kachi//

2012/08/02 (Thu) 22:27 | EDIT | REPLY |   

モアさん  

モアです!がんばってますね! 懐かしいボクサーなのですが^^;私には。

トルクスレンチと、マニュアル見比べですよね、ファイト!

またお会いしましょうね、楽しみにしてます。

2012/08/03 (Fri) 22:47 | EDIT | REPLY |   

MAC  

kachiさん

遅くなりましてすみません^^;

タペットのロックナットですが、私はトルクレンチ使ってないですよ〜
いわゆる「手ルクレンチ」です(笑)

トルクレンチをお探しとの事ですが、
私がパラレバーのニードルベアリング交換をした際に用意した
「トルクゲージアダプター」のシリーズに8Nmが測定出来るタイプもあります
http://www.straight.co.jp/item/15-9000/
他に手頃な所ではアストロプロダクツですかね〜

ただ上記のタイプだとボルトを抑えながら
ロックナットを締める事は出来ません…
ボルトを抑えつつ規定トルクで締め付けとなると
東日製作所から販売されている
「ヘッド交換式プリセット形トルクレンチ」が適当かと思います^^
http://tohnichi.jp/files/AcceptFiles/Products/30/30_b2.jpg

2012/08/06 (Mon) 18:18 | EDIT | REPLY |   

MAC  

モアさん

すみません、遅くなりました!

マニュアル見ながら頑張ってますよ〜
工具はそこそこ揃っていましたが、
RSをメンテする様になってからはだいぶトルクスを追加しました^^;

キャンプ、またご一緒させて下さ〜い!
秋の陣馬形でしょうかね〜?!楽しみにしております^^

2012/08/06 (Mon) 18:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment