FC2ブログ
in 北海道

2017北海道ツーリング7日目 メルヘンの丘と知床観光 続き

-0 COMMENT
テントを設営したら知床観光へ
道の駅でカラフトマスが遡上して来ているとの情報を得たので
まずはそちらを見に遠音別川に向かいます





IMG_6508.jpg





IMG_6517.jpg





それ程多くはありませんでしたが
ピーク時には川が真っ黒に見えるほどの数が遡上して来るらしく
この時期はカラフトマス、その後にサケの順で上がって来るみたいです

サケはオホーツク海〜北太平洋〜ベーリング海〜アラスカ湾を回遊して
約1万6千キロくらい移動するそうです
距離も凄いですが、それだけ回遊しても再び生まれた川に帰れる能力には驚きますね
ちなみにカラフトマスはサケほど生まれた川に帰る能力は高くないようです


遠音別川の次はオシンコシンの滝へ





IMG_6521.jpg





知床には何度か来ていますが
いつもチラ見で素通りしていたので^^;初訪問です

観光客が多数いましたが
並んで順番に記念撮影をするあたりに日本人らしさを感じました(笑)


そして知床観光船の乗船場へ





IMG_6523.jpg





コースは2コースあって
知床半島の先端、知床岬まで行く知床岬航路(3時間45分)と
カムイワッカの滝まで行く硫黄山航路(1時間30分)がありますが
今回は硫黄山航路に乗船しました

海から眺める知床半島





IMG_6538.jpg





岩肌に大きな穴があいているところが多数ありましたが
クンネポール(黒い洞窟という意味)と言うそうです

そしてカムイワッカの滝が見えて来ました





IMG_6546.jpg





カムイワッカ湯の滝から約1キロ下流にある滝ですが
陸路で近づく事は困難だそうです

この辺りは水深が結構あるのか
観光船でも近くまで接近してくれました





IMG_6548.jpg





硫黄の影響で河口付近の石が黄色っぽい色に変色していましたね
船の速度も落ちて少しの間カムイワッカの滝を鑑賞

硫黄山航路はここで引き返しウトロの乗船場に向かいます





IMG_6569.jpg





オホーツク海から望む羅臼岳

船上から眺める知床半島は
自然の厳しさ荒々しさの中にどこか繊細さを感じる
そんな印象を受けるところでした


観光船を楽しんだ後はセイコーマートで買い出しをしてからキャンプ場へ
設営時より更に増えて混雑していましたが
私のところは近くに3人組のバイク乗りが設営しただけだったので
そこそこのスペースで過ごせました





IMG_6576.jpg





やはり場所柄、野生動物が出没するようで
キャンプ場の奥には電気柵が設置されています





IMG_6577.jpg





夕食は味付きラムのジンギスカン





IMG_6581.jpg





食事後に近くの公衆浴場「夕日台の湯」に行きましたが
こちらも大混雑^^;
(もう少しキャンプ場寄りにあるホテルでの日帰り入浴も可)

このキャンプ場でゆっくり過ごすには
やはり時期をずらすしかなさそうです

ちなみに夜、サイト内をキツネが爆走していました



この日の走行距離 180キロ
道の駅スタンプラリー 2駅押印







ブログ村に参加してます
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村


0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment